9月21日の世界アルツハイマーデーに、世界文化遺産の姫路城を認知症トレードカラーのオレンジ色にライトアップ

ひめじ おれんぢ プロジェクト

平成30年9月21日(金曜日)世界アルツハイマーデーにあわせ、姫路城オレンジライトアップと姫路駅前にぎわい広場でライトアップイベントを開催しました。

平成30年9月21日(金曜日)世界アルツハイマーデーにあわせ、姫路城オレンジライトアップと姫路駅前にぎわい広場でライトアップイベントを開催しました。

今年で3回目となる、姫路城オレンジライトアップですが、今回は新たな取り組みとして、姫路市立飾磨高等学校 吹奏楽部の皆さんに演奏していただきました。

当日は、生憎の天気となり、一時開催の中止も危ぶまれましたが、当日のプログラムを変更し、認知症人と家族の会の皆さんや飾磨高等学校ボランティア部の生徒さんなどがティッシュやサイリウムなどを配り、「認知症」に対する理解を広める啓発活動を行いました。

夕暮れとなる18:30頃には、徐々に姫路城がオレンジに染まる風景を姫路の街を歩く一般の方に見てもらうことができました。

主催:ひめじ おれんぢ プロジェクト(ひめじ認知症啓発協議会)
後援:姫路市、姫路市医師会
実行委員:認知症の人と家族の会兵庫県支部、神姫バス、兵庫信用金庫、中播磨認知症疾患医療センター、ぼうしや薬局、姫路中央病院、飾磨橋東地区連合自治会、はりま総合福祉評価センター

ライトアップ&寺島先生 チラシ(キャラクター)_imgs-0001

ページトップへ